大阪・梅田の下肢静脈瘤レーザー治療専門クリニック

当院の累計手術実績 | 2457件 (2016年12月更新)

梅田血管外科クリニックが
選ばれる理由Reason to be selected

日帰り下肢静脈瘤 血管内カテーテル治療日帰り下肢静脈瘤 血管内カテーテル治療

日帰り下肢静脈瘤 
血管内カテーテル治療(保険診療)

膝内側やふくらはぎからカテーテルを挿入し、伏在静脈本幹を焼灼します。血管の内側から小伏在静脈の根元に到達するため、小伏在静脈の根元が筋肉の奥に存在しても処理できます。血液をさらさらにする薬を服用している方でも安心して受けることができます。また、従来の手術に比べて所要時間が短いため、鎮静剤の量も少なく、キズ自体も小さくてすむ日帰り手術です。

下肢静脈瘤専門の医師による安心安全な治療を提供

下肢静脈瘤専門の医師による
安心安全な治療を提供

当クリニックでは、大血管手術やカテーテル治療を数多く経験し、3,000件以上の下肢血管治療実績を持つ血管外科の専門医による下肢静脈瘤の診療を行っています。長い経験と深い知識をもとに、既往症のある方、お薬を飲んでいる方、ご高齢の方にも安全な治療を提供しておりますので、ご安心ください。

患者さんの悩みをしっかり聞き、患者さんにわかりやすいように説明いたします。

患者さんの悩みをしっかり聞き、
患者さんにわかりやすいように
説明いたします。

下肢静脈瘤の症状は、だるさ、疲れ、むくみ、かゆみ、痛み、しびれ、冷えから、湿疹、色素沈着、瘤といった見た目にも影響を与えるものまで多岐に渡ります。当然、患者様のお悩みもお一人おひとりによって異なってきます。そのため、患者様のお話をしっかりうかがうことを当クリニックではとても重要だと考えています。また、症状や患者様の状態によって治療法にはいくつかの選択肢があります。そのため、専門医による診断をもとに状態についてきちんとご説明し、治療についてもわかりやすくお伝えしています。

スタッフ一同上質なホスピタリティを心がけています。

スタッフ一同上質な
ホスピタリティを心がけています。

クリニックに入った瞬間から、お帰りになるまで、患者様にはできるだけリラックスしてお過ごしいただきたいと考えています。リラックスできれば、お悩みやご不安についてなんでも相談しやすく、より安心して治療を受けていただけるからです。そのため、当クリニックでは医師や看護師だけでなく、受付などのコメディカルスタッフを含めた全員が上質なホスピタリティを心がけています。笑顔や居心地の良い雰囲気だけでなく、清掃や殺菌消毒など清潔な環境を含めたおもてなしで患者様をお迎えしています。

梅田駅徒歩5分という好立地

梅田駅徒歩6分という好立地

JR東西線『北新地』駅から徒歩4分。大阪市営地下鉄谷町線『東梅田』駅から徒歩5分。大阪市営地下鉄御堂筋線『梅田』駅から徒歩6分。お仕事の行き帰りやショッピングなどのついでにご通院いただける便利な場所にあり、遠方からいらっしゃる患者様でも通いやすい立地です。

院長あいさつDoctor greeting

院長 / 医学博士 古林 圭一

下肢静脈瘤専門クリニック

患者様のご負担をできるだけ軽減するため、できるだけ痛みのない日帰り手術による治療を中心に、最先端の診断と治療を提供し続けたいと考えています。

専門医による診断が重要です

これまで下肢静脈瘤の受診で、「まだ放っておいて大丈夫」「弾性ストッキングを履いて様子をみましょう」「すぐに手術です」と診断結果だけ聞かされた患者様はかなり多いと思います。間違った診断ではなくても、これでは不安が残ります。当クリニックでは、血管専門医による診断をもとに、患者様に現在と今後予想される状態、適している治療法についての説明を分かりやすく行って、ご希望を含めた最適な治療法をご選択いただけるようにしています。
下肢静脈瘤の診断には、エコー検査を行います。エコー検査で、静脈の状態を確認させていただき、治療を進めていきます。

常に最新の治療を行います

当クリニックでは、常に最新の情報を集め、必要な機材を取り入れて、いつの時点でも最善かつ最新の治療を受けていただけるようにしています。
当クリニックでは、専門医による診断と分かりやすい説明を行った上で患者様が治療をご希望になる場合、ベストな治療を受けていただきたいと考えています。そのため、下肢静脈瘤治療に関する最新の情報や技術を常に取得し、必要な機材を取り入れて、いつの時点でも最善かつ最新の治療を受けていただけるようにしています。

また静脈瘤のみでなく、大動脈疾患、冠動脈疾患、末梢動脈疾患、心臓病といったありとあらゆる血管に関わる病気の診療、治療、手術に最前線で関わっていけるよう羽曳野市にある城山病院心臓血管センターで非常勤医師として週2回、外来と手術を行っています。

保険診療が基本です

当クリニックは保険診療を基本としています。レーザー治療に関しても2011年1月から保険適用となったことで、当クリニックにおける下肢静脈瘤治療は、初診から手術、術後まで、全ての診療が保険適用となっています。ご安心ください。

学会活動に積極的に参加します

血管外科専門医として、当クリニックの治療結果を常に評価し、専門学会で結果を発表しています。これは、ひとりよがりな治療に陥ることなく、専門医の評価に耐えうる治療を行い続けるためにも重要なことだと考えています。さらに、国際学会にも積極的に参加することで、常に最新の知見や技術を取り入れ、患者様にとってよりよい治療ができるよう心がけています。

最後に

下肢静脈瘤を含む静脈の病気は何科にかかったらいいのかわからない方がとても多いと思いますが、実は血管外科が専門的な診療を行っています。中でも下肢静脈瘤は患者様の多い病気であり、症状や状態、患者様のライフスタイルなどにきめ細かく合わせた治療を行う必要があります。ところが、この病気で本来受診すべき血管外科の専門クリニックが非常に少なく、適切な治療を受けることが難しい状況でした。そこで、専門的な診療を気軽に受けていただけるよう、下肢静脈瘤専門の当クリニックを開設いたしました。当クリニックにいらしてくださった方が全員、来て良かったとご満足いただける診療を目指し、常に努力していきたいと考えています。

院長 / 医学博士 古林 圭一院長 / 医学博士 古林 圭一

  • 医学博士
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
  • 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 植込み型除細動器(ICD) /
    ペーシングによる心不全治療(CRT)治療医
当院の口コミを見る当院の口コミを書く
Tel.06-6232-8601WEB予約
初診のWEB予約はこちら 患者様の声をみる