ブログ

2020.02.20

手の甲への硬化療法はこの様に行います

先程は、硬化療法施術のビフォーアフター写真でしたが、今回は実際の施術方法のご紹介です。

太い血管には、翼状針という針を血管に刺し薬剤を注入していきます。

細い血管には特殊な細い針を使用し、1箇所ずつ硬化剤を注入していきます。

では、施術動画をご覧ください。

【太い血管】

【細い血管】

ご質問・ご相談等ございましたらクリニック、または080−8513−9467(看護師 仲川)

までご連絡ください。

※こちらの施術費用は自費治療となります

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら💁‍♀️

HOME

2020.02.20

手の血管気になりますか?

こんにちは。今回は、『手の血管が気になる!』という方に朗報です。

手の血管も足と同様、年数が経つにつれ重力の影響で少しづつ太くなっていく事が考えられます。

手の血管が浮き出て、見た目がすごく気になるというお悩みを持っておられる方

硬化療法を手の血管に施術する事ができます。

【Before】

【After】

【Before】

【After】

但し、こちらの施術に関しては病気ではございませんので、自費治療となります。

【注意点】年齢を重ねた際に、腕の血管から点滴が取りにくくなる可能性があります。

詳しくは、クリニックまたは080−8513−9467(看護師 仲川)までお問い合わせください。

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら💁‍♀️

HOME

2020.01.23

大阪初!Venaseal(グルー)治療

こんにちは。

本日は、大阪で初症例となるVenaseal治療のご報告です。

日本で保険適応となり、初症例が東京で昨年12月に行われ、それに続き大阪で初めての症例を行いました。

この治療の利点は

①1カ所の局所麻酔のみで、大量の麻酔や鎮静剤・ブロック麻酔などが必要ない

②手術当日から活動制限がない。飛行機搭乗も可能

③手術当日から入浴が可能 等です

実際に手術を行なった感想は、麻酔が少量ですむ所が他の治療法に比べて大きな利点だと感じました。

実際の手術風景をご覧ください。

※注意 少量の血液が写っておりますので、血液の苦手な方はご遠慮ください。

当院では、下肢静脈瘤治療の方法を

①ラジオ波 ②レーザー ③Venasealシステム(グルー)から選択する事ができます。

詳しくは、診察時に医師にお尋ねください。

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら💁‍♀️

HOME

2019.12.20

瞬間接着剤(グルー)による治療が保険適応に!

Venasealクロージャーシステムを用いたグルー治療が2019年12月から保険適応になりました。このグルー治療は、厚生労働省が正式に認可した治療で、アメリカFDAに認可された唯一のグルー治療です。

正式なトレーニングを受けた医師であれば保険診療で治療を行う事ができます。

治療費用は保険適応3割負担で、約4万5千円ほどになります。費用は現在行なっているレーザー治療とほぼ同じ金額となります。

当院では、1月からこちらのグルー治療が開始となる予定です。

【グルーの利点】

・レーザー手術と違い、血管内に熱を加えないため痛みを伴わない。

そのため、血管周囲への広範囲は麻酔が必要ない。

・熱による神経への影響や深部静脈血栓症のリスクも低いと言われて

います。

・手術後の日常生活や入浴・運動等の制限はほとんどありません。

※グルーの成分は、有機化合物のシアノアクリレートが主成分です。

シアノアクリレート系瞬間接着剤の医療応用は50年以上の歴史があります。安全性にはまったく問題はありません。

詳しくは、診察の際に医師にお尋ねください。

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら💁‍♀️

HOME

2019.12.11

静脈瘤 ➕ 鬱滞性皮膚炎

こんにちは。

今回は、2年前に痒みとボコボコとした血管が気になり来院された患者さまのご報告です。
足首辺りの痒みが治らず、改善と再熱を繰り返しておられました。

静脈瘤からの表面にボコボコとした血管も足の内側に目立っていました。

初診来院後から、皮膚炎の処置と圧迫を開始し静脈瘤の手術も行ないました。

皮膚炎は1年以内にここまで改善

静脈瘤の手術後は、この様にボコボコした血管もスッキリ!傷も目立ちません。

そして、先日術後2年目でご来院頂きました😊

とても綺麗になり、患者さまも『全く問題なし!!』と言ってくださいました。

そして、HPに掲載する事も快諾してくださいました

この様に、適切な処置と治療を行うと見違える程改善致します。

お悩みの方は、早めにご相談ください(^^)

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら

HOME

2019.12.02

ハンズオン講師と講義をして参りました

あっという間に12月になりました。

今回は、先週末に豊橋ハートセンターというハートセンターグループで年1回行われているCPAC 東海ライブ研究会にお招き頂いたご報告です。

循環器がメインの病院ですが、なぜフットケアが必要か?

それは。糖尿病や透析は血管にダメージを及ぼします。その結果、足にも影響を及ぼします。この様な基礎疾患のある患者さんは、傷が出来てから治すのでは遅く、日常生活にも支障を来たします。ここでも、予防が大切になってきます!

また、正しい歩行は健康寿命を伸ばす!過言ではありません。

そんな熱い想いを持った先生に今回はお声がけ頂き、お手伝いをさせて頂きました。

まだまだ、学ぶことが多いフットケア分野。色んな疾患と切り離す事はできず、奥深いです。1人でも多くの患者さまが、より良い生活を送れるお手伝いが出来るように、日々精進致します。

梅田血管外科クリニック看護師 仲川

2019.11.23

下肢静脈瘤 血管内焼灼術 手術風景

こんにちは。

今回は、血管内焼灼術の手術風景のご案内です。

患者さまにご協力頂き、撮影させて頂きました。ありがとうございました😌

さて、当院開業以来 約5000症例の手術をして参りました。

その殆どの患者さまが、血管の手術は怖いと言う気持ちを抱えながら手術に臨んで下さっていたと感じております。

その不安な気持ちを少しでも楽にできないか?と

今回は、実際の手術風景を見てもらう事で、イメージが付きやすく少しでも安心に繋がればと思います。

下肢静脈瘤血管内焼灼術 ラジオ波使用の手術風景です。

https://youtu.be/ezBYvvtCYiI

ご覧頂いた様に、血管内焼灼術であれば傷は全くございません。

局所麻酔を行う針穴とカテーテルを挿入する部位のみです。

手術は鎮静剤を使用して行うため、個人差はありますが寝た状態で受ける事ができます。

ご質問やご相談はお気軽に、お問い合わせくださいませ。

080-8513-9467

mailto:ukgnurse@umeda-vvc.com

梅田血管外科クリニック 看護師 仲川

2019.11.15

皮膚炎・皮膚潰瘍 適切なケアで治ります!

こんにちは。梅田血管外科クリニック 看護師仲川です。

足に出来た皮膚炎・皮膚潰瘍に悩んでおられる方

皮膚科や形成外科外科に行っているがスッキリ治らない方

『原因がわからず軟膏を塗り続けているが良くならない。』

そんな声を患者さまからよく聞きます。

もしかしたら、血管に原因があるのかもしれません。

この方も、大学病院に通院しておられましたが改善せず、当院に辿り着かれました。

適切なケアをすれば、この様に改善致します。

酷くなる前に、ご相談下さい。

11月17日(日)14時〜

関西医大総合医療センター

第5回北河内連携フットスキャン研究会で 『下腿浮腫』のテーマで講師としてお招き頂き、講義を行います。

添付の写真の様な皮膚潰瘍の患者さまに対する適切な圧迫方法を、1人でも多くの医療従者に伝え、患者さまの足を守れる医療従事者を増やすお手伝いが出来るよう努めて参ります。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=2ahUKEwiEor_0p-zlAhXpwosBHaiCBGcQFjABegQIABAH&url=http%3A%2F%2Fwww.kmu.ac.jp%2Ftakii%2Fvisit%2Ftreatment%2Fsuport_section%2F2671t8000000mc9i-att%2Fa1570172344556.pdf&usg=AOvVaw2ifAOQB-s_OyKYotcrTwix

2019.09.02

弾性ストッキングJMS レッグサイエンス舞 座談会報告

医療機器メーカーJMS 第2回の座談会にお招き頂きました。

レッグサイエンス舞は当院でも人気商品で、医療用弾性ストッキングでは珍しく日本のGUNZE社製です。そんなレッグサイエンス舞の良さや改良要望などを他院の弾性ストッキングコンダクターと意見交換させて頂き、新しい気付きもあり良い学びが出来ました。

このように、現場の声を聞いて頂けるのはとても有り難い事です。

今後も患者様に寄り添い、より患者様に満足して頂ける弾性ストッキングを作って頂けるように、お声を届け続けたいと思います。

座談会内容の掲載記事は下記リンクをご覧ください。

jms-zadankai.pdf

弾性ストッキングコンダクター・リンパ浮腫療法士・血管診療技師・フットケア指導士

仲川眞弓

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら💁‍♀️

HOME

2019.07.13

下北沢病院

7月11日は、下北沢病院に病院見学へ行って来ました。

2016年から『足の総合病院』としてリニューアルされ、足のトラブルに悩まされる患者様に寄り添う日本初の病院として、注目をされています。

体を支えている足は健康のために重要です。今回の訪問では、効率的なフットケア介入方法を学ばせて頂く事が出来ました。ありがとうございました。

翌日には、菊地 守院長・西出 薫 外務担当部長との食事会

『足の番人プロジェクト』や多くの学会等でご活躍されているお2人とご一緒させて頂き、とても刺激を受けました。

偶然にも、その日に届いたという菊池院長著書『100歳までスタスタ歩ける足の作り方』の初版 第1号を頂きました!

今回の学びを大阪に持ち帰り、1人でも多くの足を守る医療従事者として精進して参ります。

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

リンパ浮腫外来

ホームページはこちら💁‍♀️

HOME

1 2 3 4 5 6
Tel.06-6232-8601WEB予約
初診のWEB予約はこちら 患者様の声をみる