足のむくみの原因と治療法

足のむくみ

足のむくみには、一過性のものと慢性のものがあります。生活習慣に気をつければ解消するむくみもありますが、治療が必要な病気が原因になっている場合もあります。ここでは、むくみが起こるメカニズムや原因などについてくわしくご説明しています。

むくみが起こるメカニズム

心臓から全身に送られる血液は動脈を通じて末端の毛細血管まで運ばれ、静脈を通じて再び心臓に戻っていきますが、足に運ばれてきた血液は重力に逆らって心臓に戻る必要があります。そのため、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役割を果たして血液を心臓に送っています。また、足の静脈には逆流を防ぐ弁があり、血液を効率よく心臓に戻すために役立っています。こうした働きにトラブルが起こると、血液が足にたまってしまい、足がむくみます。なお、女性は筋肉量が男性に比べて少ないのでむくみが起きやすい傾向があります。

むくみの原因

一過性のものはほとんどが生活習慣の影響によって起こっているむくみです。慢性的なむくみの場合には、早期の治療が必要な病気が原因になっている場合もありますので、注意が必要です。

一過性のむくみが起こる原因は横になっている時には足の血液が重力の影響を受けずに心臓まで戻ることができますが、起きている時には体の中で足が1番下に位置していますので重力の影響で水分が溜まっていき、夕方や夜にむくみが起きやすくなっています。
他にも、一過性のむくみは、さまざまな生活習慣によって起こっています。

同じ姿勢で長時間過ごす

同じ姿勢を続けていると、ふくらはぎが動かないため足の血液が心臓に戻りにくくなり、むくみが起こります。立ち仕事やデスクワークで起こりやすいむくみです。

運動不足

運動不足などでふくらはぎの筋肉が衰えていると、ポンプの役割を十分に果たすことができず、むくみが起きやすくなります。

ダイエット

たんぱく質が不足するなど、ダイエットで栄養が偏るとふくらはぎの筋肉が衰え、むくみを起こしやすくなります。

塩分の摂りすぎ

塩は水分を保持する性質を持っているため、塩分を摂りすぎると不必要な水分をうまく排出できず、むくみを引き起こします。

栄養の偏り

ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)、ビタミンB1、たんぱく質が不足するなど栄養の偏りはむくみにつながります。

過度の飲酒

アルコールは血管内脱水の作用を持っているため、過度の飲酒により体は水分を失って血液の濃度が高まります。すると、体はその濃度を下げるために血管内に水分を取り込んでバランスを保とうとします。この水分がむくみを引き起こします。

代謝の低下

体温調節のための発汗は、水分代謝機能であり、自律神経によってコントロールされています。エアコンの効いた温度変化のない環境に置かれると、自律神経の働きが鈍くなっていきます。それにより水分代謝機能が低下し、むくみにつながります。

冷え

血行不良が起こると、毛細血管まで届く血液の量が不足して血液が滞り、冷えとむくみを引き起こします。

生理や妊娠によるむくみ

生理前に増える黄体ホルモンは水分を体に溜めやすくするため、むくみやすくなります。また、妊娠時もホルモンの働きによってむくみやすい時期です。

慢性的なむくみが起こる原因

足のむくみが何日も続くなど、慢性的なむくみは病気が原因で起こっている可能性があります。

こんな症状があったら、できるだけ早く受診しましょう!
  • 1日中、むくみが持続する
  • むくみが何日も続く
  • 足の血管がボコボコ浮き出てきた
  • 足が痛い、重い、だるい
  • 急に体重が増えた
  • 顔やまぶたにもむくみが出る
  • 尿の量が少ない、出が悪い
  • 坂道や階段で息切れする
  • 疲れやすい

このセルフチェックに当てはまることがあったら、当院に一度ご相談されることをおすすめします。

慢性的なむくみが起こる原因

心臓の病気

心臓が血液を送り出す力が弱まるなど、心臓に障害が起こった際に、むくみが症状として現れることがあります。

 

肝臓や腎臓の病気

血液中の適切な水分量を保つための浸透圧を調整するたんぱく質のアルブミンは、肝臓や腎臓に障害があるとその量が低下します。それによって血管での水分調整がうまく行われなくなり、むくみが起こります。

 

リンパ浮腫

浮腫はむくみとほぼ同じ意味で、リンパ浮腫はリンパ液によるむくみです。リンパ液も血液のように全身を巡っています。リンパ液はリンパ管を通って全身に運ばれますが、この流れが滞るとリンパ液が溜まってむくみが起きます。
がんの治療でリンパ節切除など、リンパ節にダメージを受ける治療が必要な場合がありますが、それによってリンパ液の流れが悪くなってむくみが起こります。発症は手術すぐの場合もありますが、10年近く経過してから現れる場合もあります。
他の原因でリンパ浮腫を起こす場合もありますが、原因が特定できない特発性リンパ浮腫も多くなっています。
悪化するとリンパ管炎を起こすことがありますので、早めに血管外科を受診して、専門医の診療を受けてください。

 

下肢静脈瘤

足の血液はふくらはぎの筋肉によるポンプ作用で心臓の方に押し戻されますが、途中で逆流を起こさないよう、足の静脈には逆流を防ぐ静脈弁が存在しています。この静脈弁が壊れてしまい、血液が逆流して足に溜まってしまう病気です。むくみの他に、足の血管がボコボコと浮き出てくる、細かい血管が透けて見えるなどの症状が現れる場合があります。見た目の問題だけでなく、足の重さやだるさなどでお仕事に影響を及ぼすことも考えられますので、早めに血管外科を受診して、専門医の診療を受けてください。

 

深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)

長時間のバスや飛行機利用、病気で寝たきり状態などは同じ姿勢を取り続けるため、足の静脈に血栓ができるリスクが上昇します。足の静脈に血栓ができると血液が心臓に戻りにくくなって足がむくみます。
長時間同じ姿勢を取らなければならない際には、予防として、たっぷりとした水分摂取と、足先を動かすなどふくらはぎの運動をこまめに行うことを心がけてください。また、弾性ストッキング着用も効果的です。

当院の口コミを見る当院の口コミを書く
Tel.06-6232-8601WEB予約
初診のWEB予約はこちら 患者様の声をみる