ブログ

2016.10.15

第57回日本脈管学会総会

第57回日本脈管学会総会ホテル日航奈良にて

10/13-14

血管疾患に対する低侵襲治療のエキスパートが集まる学会で当院での治療成績を古林圭一院長が講演いたしました。

※低侵襲治療とは

患者様の身体に与える負担の度合いをできるだけ低くする治療のことです。 具体的にはこれまで大きく皮膚を切り開いて手術をしていたものと比較して、できるだけ小さな切り口で済む手術にすることや、血管を通るカテーテルを用いた治療方法が低侵襲治療になります。☜下肢静脈瘤の治療法ラジオ波などもこれにあたります☺︎


講演後は、興福寺、国宝館で阿修羅像を観たり、


奈良医大のゆるキャラ

〝しょうとくた医師くん〟と記念撮影((´∀`*))笑

こんなゆるキャラもいるんですね〜

梅田血管外科クリニックでもスタッフでゆるキャラを考えた事がありましたが、企画倒れです。笑

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニックのホームページはこちら♪http://www.umeda-vvc.com/  
梅田血管外科クリニック
電話0120-524-902

電話06-6232-8601

当院の口コミを見る当院の口コミを書く
Tel.06-6232-8601WEB予約
初診のWEB予約はこちら 患者様の声をみる