ブログ

2018.02.27

硬化療法とは???

下肢静脈瘤を治すための手術方法をご案内します☝️

硬化療法とは、硬化剤という薬剤で下肢静脈瘤を治療する方法です。 硬化剤を注射した後、皮膚の上から圧迫し、血管の内側を接着させて患部の静脈を閉塞(へいそく)させます。 完全に閉塞した静脈は徐々に小さくなり、最後には組織に吸収されて消えてしまいます。

比較的軽度な下肢静脈瘤に行います。

保険適応されており、安全性も確認されています。今までに重篤な副作用もありません。基本的に皮膚から透けて見えるような、とても浅い位置にある血管に対してのみ注射しますので、全身に大きな副作用が起こることはありません。副作用としては、色素沈着です。しみは既にしみがたくさんあるようなしみ体質の方には、強く出る傾向があります。ですから、硬化療法は多少色素沈着がおこってもいいので、ボコボコ血管を平らにしたいといった方にお勧めする治療法です。

さらに詳しい説明はコチラ👇

https://www.umeda-vvc.com/treatment/#a03

梅田血管外科クリニック

電話0120-524-902

電話06-6232-8601

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニックのホームページはこちら💁‍♀️https://www.umeda-vvc.com/

~足を綺麗に細くしたい願いを叶える~

大阪 梅田 下肢静脈瘤 日帰りレーザー治療の梅田血管外科クリニック

当院の口コミを見る当院の口コミを書く
Tel.06-6232-8601WEB予約
初診のWEB予約はこちら 患者様の声をみる