ブログ

2020.04.13

コロナ関連障害を予防しよう!

緊急事態宣言を受けて、在宅ワークや外出を控えられている方も多いと思います。

本日は、コロナウイルスも怖いですが

それに伴った 運動不足などから起きるコロナ関連障害を起こさないために!私たち 血管に携わっている者からの注意喚起です!

【血栓症を予防しよう】

①適度な運動を行いましょう

家で出来る運動:ラジオ体操、ストレッチ、タオルギャザー運動、足首運動、自宅周辺の散歩など

1日中、PCやTVや本と向かい合わせで座りっぱなしでは

筋力低下、血流の停滞を引き起こします。

②水分をしっかり摂りましょう

この季節 暑すぎず 寒の戻りもあったりで家にいると ついつい水分を摂り忘れます。

コロナウイルス予防にも、20分起きの水分摂取が効果的です!

そして、1日約1.5リットル(500mlペットボトル✖️3本)の水分摂取が体には必要と言われています。(コーヒー、紅茶など利尿作用のある飲み物以外での摂取量です)

水分摂取を怠ると、血液がドロドロする事で血栓のリスクが高くなります!

⚠︎消化器疾患や癌患者さまはより一層のご注意を

潰瘍性大腸炎やクローン病など、腸疾患の患者さま、癌と闘っている最中の患者さま、血栓のリスクが少し高めです!

上記①②を心掛けてください。

※弾性ストッキングは、血栓予防に効果的ですが、サイズが合わない・適した物ではない物などは、逆にトラブルを引き起こしかねません。弾性ストッキングを着用した上での運動はとても効果的ですが、お持ちでない方は①②を行って頂くだけで十分予防できます。

これらに注意し

コロナに負けず、病に負けず、血栓症にも負けぬ 丈夫な体を持ちましょう!

皆さん元気に乗り越えましょう!!!

Tel.06-6232-8601WEB予約
初診のWEB予約はこちら 患者様の声をみる