• 足の病気 > 
  • 足の皮膚が固くなる、黒ずんでくるうっ滞性・・・
足の病気

足の皮膚が固くなる、黒ずんでくるうっ滞性皮膚炎の原因と治療法

2018.07.31
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

うっ滞性皮膚炎について

「うっ滞性皮膚炎」という名称は多くの方にとって、ほとんどなじみがないものだと思います。これは下肢静脈瘤などの足の静脈の流れが悪くなった状態を放置し、慢性化したことによっておこる皮膚のトラブルです。

何らかの理由によって静脈の流れが滞留すると、老廃物を多く含んだ血液が足にとどまり続け、むくみ、かゆみ、湿疹、色素沈着の症状がみられるようになります。これがさらに進行すると皮膚が硬くなっていき、潰瘍ができやすくなるのです。これらを総称して「うっ滞性皮膚炎」と呼んでいます。

うっ滞性皮膚炎は、比較的中高年の女性に多くみられる特徴があります。

うっ滞性皮膚炎の原因

詳しく「うっ滞性皮膚炎」の原因を解説していきましょう。

最初にうっ滞がおこる

長時間立ち仕事に従事している方、遺伝的に下肢静脈瘤ができやすい方、他にも加齢、肥満、妊娠、出産などの理由で下肢静脈瘤になると、足の特にひざから下の部分に血液がうっ滞しやすくなります。

うっ滞は慢性化する

血液がうっ滞する根本原因を取り退かないままにしておくと、うっ滞は慢性化していきます。妊娠・出産による静脈の機能不全は産後に自然解消することがありますが、他の要因で静脈の弁が破損して起こるケースでは静脈瘤自体は自然に治癒することはありません。

色素沈着

静脈の滞留が続くと皮膚表面の毛細血管もうっ血します。すると真皮層にある毛細血管からは、微小ながらも出血するようになります。これが発生した部分には血液の成分であるヘモジデリンが沈着します。これは鉄分を含む物質で、サビのような褐色の色素沈着が見え始めます。

老廃物の影響

そもそも静脈は身体内の各箇所から老廃物を集める役割を持っています。つまり静脈を流れている血液は老廃物が多く含まれているということで、これが滞留し続けると、足は酸素不足に陥ります。

皮膚表面に現れる症状

血液循環が悪い状態が続くと、皮膚の角化細胞はダメージを受け続けます。結果としてカサカサになりやすく、バリア機能が失われ、外部からの刺激や影響を受けやすくなります。これはつまり外からの刺激で湿疹やかゆみを感じやすくなることで、ちょっとしたことでもかゆみを感じるようになります。そして、これを掻きむしったりしていると、皮膚表面も硬化して状況が悪くなっていることも合わせて、傷が治りにくくなっていきます。

潰瘍に至る場合もある

このような状態をを放置していると、傷口が広がって潰瘍になることもあります。こうなると触っただけでも痛んだりして日常生活にも支障をきたします。足の感染症にもかかりやすくなりますので、このようなことになる前に適切な検査・治療を受けることを推奨します。

うっ滞性皮膚炎の検査・治療法

検査方法

静脈のうっ滞を確認するには、超音波検査(エコー)やドップラー血流計を使う方法が有効です。これらを用いて、血液がうっ滞している原因を把握しすれば治療に進むことができます。

治療

皮膚表面にかゆみや湿疹が現れた場合、多くの方は市販薬の軟膏などでそれを抑えようとされると思います。しかし、それでもなかなか治らない、いったん引いたようでもすぐ同じような症状が出る、という時にはうっ滞性皮膚炎の可能性を考慮した方が良いでしょう。この場合、表面に現れている症状にだけ対応しても、根本原因が取り去られたわけではないので、その場限りの効果しか得らません。適切な医療機関にかかれば、原因を究明したうえで、以下のような治療を受けられます。

  • 圧迫療法

弾性ストッキングや弾性包帯を使用して、足に圧力をかけて血流を促します。弾性ストッキングは足先に比較的大きな圧をかけ、ひざ、太ももと心臓に近い側に向かうほど圧が弱くかかるように設計されています。そのため足先に滞留していた血液は圧が弱い方に向かって流れ、うっ滞が解消されます。根本原因であるうっ滞が解消されれば、皮膚表面に現れていたかゆみや、足全体に感じていたむくみなどの症状は解消しやすくなるでしょう。

深部静脈血栓症が起こっていて静脈内の血液の弁が不調をきたし、逆流が起こっている場合はこの圧迫療法以外には有効な治療方法がありません。そのため、長いスパンで弾性ストッキングを着用して改善していく必要があります。

  • その他の治療法

下肢静脈瘤にかかっており、表在静脈の逆流が認められた場合は、高周波カテーテル、レーザー療法などで静脈の逆流を止める必要があります。他にも血管内焼灼術や、切開を伴うストリッピング手術(静脈抜去術)などもあります。

 

ストリッピング手術は患部の根元側を数センチ切開し、そこからワイヤーを挿入して静脈自体を抜き去る方法です。ケースによっては入院が必要となる場合もあります。

これらの方法はやはりうっ滞を解決する効果があるので、かゆみや湿疹、潰瘍などを改善することができます。しかし一度できた色素沈着はなかなか解消されません。潰瘍などに至り重症化すると治療も難しくなります。この症状が見え始めた時は、できるだけ早い段階で医療機関にかかることをお勧めします。

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医