下肢静脈瘤の基礎知識

足に浮き出たボコボコの血管【下肢静脈瘤】の日帰り手術について

2018.09.10
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

足にボコボコと血管が浮き出る下肢静脈瘤、見た目の悪さが気になるだけでなく、足のむくみやだるさなどの症状もありますから、早く治療してしまいたいものです。このコラムでは、その下肢静脈瘤が起こる原因や、具体的な治療方法を解説していきます。また、適切な治療を受けずに放置した場合、どのようなリスクがあるのかについても記述していますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

下肢静脈瘤の日帰り手術

 

下肢静脈瘤にかかった場合、足の血管がボコボコと浮き上がってくることがあります。だるさやむくみ、こむら返りなどの症状もありますが、多くの方にとって、最も気になるのは外観の悪さです。特に女性の方に関しては「スカートが履けない」ということが大きな悩みとなるようです。

この下肢静脈瘤が起こる原因は、簡単に言えば「静脈の逆流」です。心臓から動脈を通って身体の各所に酸素や栄養分を送り届けた血液は、静脈を通って肺や心臓に帰ります。物理的に下方にある足から心臓に向かうには重力に逆らって流れないといけないので、本来は逆流を防止する弁があります。しかし何らかの理由でこの弁がうまく働かなくなると血液が重力に負けて逆流が起こり、足に滞留しやすくなります。このような状態を「静脈うっ滞」といい、これが続くと血液が迂回しようとして無理に流れ込んだ場所がボコボコと膨れ上がります。これが下肢静脈瘤ができるメカニズムです。

この外観を解消するには、まずは逆流が起こっている原因を取り去らなければなりません。それには「血管内焼灼術」や「ストリンピング手術」といった方法があります。ただしこれは原因を除去するのみですので、これを行ったからと言って全ての下肢静脈瘤が自然と無くなる訳ではありません。これによって解消できるのは、部位としてもひざ下に限られており、割合的にはおおむね4分の1程度です。ですからできてしまった静脈瘤の多くは、まず原因となっている場所を突き止めてから逆流を止める治療を行い、その後で静脈瘤自体を切除するか、硬化療法で消し去る必要があります。

次に近年、静脈瘤の切除で主流となっているスタブ・アバルジョン法について詳しく解説いたします。

スタブ・アバルジョン法について

スタブ・アバルジョン法は以下の流れで行われます。

① まず立っている状態で切除を行う静脈瘤にマーキングをする

② 切除する部分に麻酔の注射を行う

③ 静脈瘤の上部に針で穴をあける

④ その穴から小さなフックを挿入し、静脈瘤自体を引っ張り出す

静脈瘤の除去作業はこれで完了です。傷が小さいので縫い合わせる必要もなく、外観的にもほとんど気にならない程度の傷跡しか残りません。

下肢静脈瘤を放置しているとどうなるの?


下肢静脈瘤は外観の悪さはあるものの、初期段階では日常生活が困難になるほどの症状が現れない場合が多く、ほとんどの方が発症していることに気づかないでいたり、気づいても放置してしまいがちです。しかし長期間放置すると治りにくくなるばかりでなく、ボコボコの血管以外の支障が出てきます。下肢静脈瘤は前の項でも説明したように、足に血液がうっ滞する病気です。これが長い期間続くと徐々に以下のような状態が現れます。

  • 血管の穴から血液が漏れ出る

血管にはもともと微小な穴が無数に開いていますが、普通の状態であればこの穴から血液が出ることはありません。しかし、足にうっ滞した血液は血管の壁に圧力をかけ続けますからしだいに外に漏れだすようになります。これによって皮膚表面に色素沈着が起こります。血液の中にはフェモジデリンという鉄分があり、それがサビのような色を付けるのです。また血管の穴から出た水分はむくみのもとになりますし、だるさを引き起こしたりもします。

  • 酸素が少ない血液による弊害

静脈を流れる血液は酸素が少なく老廃物を多く含んでいます。これが足に長く溜まることで次第に筋肉が酸欠状態となり、足が重く、疲れやすくなり、こむら返りも起こりやすくなります。

  • さらに進行すると潰瘍に発展

流れ出た鉄分は脂肪に沈着し、皮膚が黒ずむだけでなく表面が硬くなっていきます。これを「皮膚脂肪硬化症」と呼びます。この状態になると皮膚表面は傷つきやすくなり、かゆみなどでひっかいただけでも傷になり、その治癒も治りにくくなっています。こうして潰瘍が発生します。

  • 放置すると

これを繰り返していると足の皮膚全体が硬く黒くなり、弾力性もどんどん失われていってしまいます。こうなると足に少し触れただけで激しい痛みをおぼえるようになり、歩行すらも困難になります。ここまで放置する方はおられないとは思いますが、ここまで進むと敗血症という状態になりやすく、足を切断することすらあり得ます。

まとめ


下肢静脈瘤の除去の仕方や、放置した際に起こりうるのリスクについて、知識を深めていただけたことと思います。ここまでに示したように重症化すると症状も重くなり、治癒にかかる時間も長くなりますから、「下肢静脈瘤」かもしれないと思われたら早い段階で医療機関を訪れ、検査や診断を受けることをお勧めします。

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医