下肢静脈瘤の基礎知識

デスクワークや妊娠、肥満で足の血管が浮き出た!悪化しないための下肢静脈瘤の予防法

2018.09.10
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

足の血管がクモの巣状や網目状に浮き出て見えることがありませんか? それは「下肢静脈瘤」という病気によるものかもしれません。このコラムではその原因と、ケース別の対処方法を具体的に上げていきます。どなたでも簡単にできる対策を書いていますので、ぜひ最後までお読みください。

下肢静脈瘤の主な原因

下肢静脈瘤に至る原因には以下のようなものがあげられます。

  • 遺伝
  • 妊娠、出産
  • 立ち仕事やデスクワークなどの座りっぱなしの仕事
  • 加齢
  • 肥満
  • 便秘

遺伝と加齢への対処は困難ですが、それ以外の要因に対しては悪化を防ぐ方法があります。

原因別、下肢静脈瘤の悪化予防法

立ち仕事

立ちっぱなし、または座りっぱなしで長時間を過ごす人は、下肢静脈瘤が発症するリスクが高くなります。長い時間動かずに同じ姿勢を続けていると、足を動かす頻度が少なくなり下半身の静脈の流れが滞りやすくなるからです。特にふくらはぎの筋肉を動かすと、「筋ポンプ作用」という働きによって、静脈が心臓に帰る流れを補助してくれます。このことから、ふくらはぎは「第2の心臓」とも言われています。立ち仕事やデスクワークに長時間従事する方は、以下のようなことを心がけましょう。

  • 仕事の合間に、可能であれば屈伸やアキレス腱伸ばしなどを随時行う。
  • 立ったままで、かかとを浮かし、つま先立ちする動作を行う。
  • 座ったままの人は足首を上下に曲げる動作を行う。または貧乏ゆすりでも効果は期待できる。
  • 弾性ストッキングを着用する。

弾性ストッキングとは、足に血液が停滞することを防ぐために開発されたものです。足先に比較的強い圧力がかかり、ふくらはぎ、ひざ、太ももと身体に近い側になるにつれて弱い圧がかかるように作られています。そのため足の最下部に溜まった血液を心臓側に向かって戻す効果があります。

妊娠


妊娠している方は下肢静脈瘤になりやすい状態と言えますが、それが起こるメカニズムは以下のようなものです。

・妊娠中は体内の血液量が増えるため、血管が拡張しやすくなり、逆流を防止する弁の機能が低下して足に血液がたまりやすくなる。

・女性ホルモンの分泌量が変わることにより、静脈が拡張しやすくなる。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが通常より多く分泌されます。このホルモンは血液が固まりやすくする効果があり、出産時に起こる出血を少なくする目的を持っています。また、血管が伸びやすくなり拡張することを助ける効果があり、増加している血液に対応しやすくしています。本来静脈は足から心臓に向かって血液を重力に逆らって流すために、逆流しないための弁を持っています。しかし上記のエストロゲンは、静脈の逆流を防ぐ弁の働きを阻害するマイナスの効果も持っています。

子宮が大きくなることで静脈が圧迫され、血流が悪くなります。ただし、妊娠以外の原因でできた下肢静脈瘤は自然治癒することはありませんが、妊娠に起因する場合のみ、産後に原因が無くなることによって自然に治癒することがあります。この自然治癒が期待できることと、胎児への影響を考えると妊娠中は麻酔や薬剤を使った治療は控えた方が良いでしょう。そのため前述した弾性ストッキングを着用することは、妊娠によってできた下肢静脈瘤に対する有効な防止手段です。ハイソックス状のものや、妊婦用のものも販売されていますので、かかっている産婦人科に相談してみてください。また日常的には以下のようなことに注意をしましょう。

  • マッサージやストレッチなどで血行を良くすることに気を付ける。
  • 体を冷やさないようにする。
  • 軽いストレッチやマタニティスイミング、マタニティヨガなど可能な範囲で運動を行う。

肥満


肥満している人は平均的に運動量が少なく、ふくらはぎの筋肉の使用頻度が減るため、前述した「筋ポンプ作用」の働きが期待できない状態が続きます。また、肥満していると腹部の圧力によって静脈が圧迫されて血液の流れが阻害されますから、下肢静脈瘤にかかりやすい状態になります。健康的な食事を心がけ、適切な運動を行うなどして日常生活を改善することで、下肢静脈瘤の悪化を防ぎましょう。

便秘


便秘の状態が続いているとしばしば排便の際に力を入れることになり、その際には腹圧が上がります。腹圧が上昇すると足の血流が悪くなります。そのため下肢静脈瘤にかかっていて便秘気味の方は、以下の点に注意しましょう。

  • 水分補給を十分に行う。
  • 食物繊維の接種を心がける。
  • 適切な量の運動を日常に取り入れる。

まとめ

下肢静脈瘤にかかっている方の原因別の予防方法をまとめました。どなたでも簡単に実行できるような対策を書いていますので、今日からでも実行してみてください。ただしこれらの方法は進行を弱めることはできますが、出来てしまった下肢静脈瘤を完全に治癒することはできません。(妊娠によるケースの場合のみは産後に自然治癒することもあります)ですから完治を望む方は下肢静脈瘤の治療に適した医療機関を訪問し、診断を受けられることをお勧めします。

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医