下肢静脈瘤の治療

足のむくみ・足の血管のボコボコ|下肢静脈瘤の日帰り手術、血管内焼灼術のレーザーと高周波の違いについて

2018.08.09
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

下肢静脈瘤は、見た目の上では足の血管がやたらと目立って見えたり、立体的にボコボコと腫れたように見えたりする病気です。自覚症状として、足の重さ、だるさ、むくみ、こむら返りなどが発生します。進行すると湿疹やかゆみを感じるようになり、さらに放置すると潰瘍ができて皮膚表面に大きくダメージを与えることもあるので、症状に気づいたら適切な治療を受けましょう。

下肢静脈瘤の治療法とは

下肢静脈瘤に対する治療の方法には、「圧迫療法」や「硬化療法」「ストリッピング手術」、「血管内焼灼術」などがあります。圧迫療法は弾性ストッキングというものを着用することで、足に血液を滞留させにくくするものです。根本的治癒はできませんので、比較的軽度な時に状態を悪くしないために多く用いられます。

ストリッピング手術は、状態がある程度進行した下肢静脈瘤に対する根本治療として古くから使われており、現在も用いられます。これは血液の逆流が起こっている静脈の上流側を少し切開し、そこからワイヤーを差し込んでその静脈ごと抜き去るという方法です。これに対して2010年代以降に血管内焼灼術という、比較的身体に与える影響が少ない方法が保険適用され、現在はこちらの方が主流になりつつあります。

血管内焼灼術とは

血管内焼灼術は基本的考え方として、血液の逆流が起こっている静脈に細いファイバー状のものを挿入して内部から血管を焼き、閉塞させることで逆流を防ぐというものです。閉塞された血管は数か月の時間をかけて周辺の組織に少しずつ吸収されていき、最終的には消滅します。これを初めて聞くと、血管を閉塞させたり、吸収されて消滅するといった言葉に違和感をおぼえる人もおられると思います。しかしこれは身体の表面に近い表在静脈という部分のみに行われる方法で、表在静脈は足の静脈の1割に過ぎません。その中の一部を閉塞させても血液の流れとしては特に問題は無いのです。

この血管内焼灼術はストリッピング手術に比べて切開する必要が無く、治療の後の痛みや内出血が少ないなど、治療を受ける方への身体的負担が少ない治療方法です。血管内焼灼術にはレーザーカテーテルと高周波カテーテルの2種類があります。

 

レーザーカテーテルを使った日帰り手術

これは、逆流が起こっている静脈自体にレーザーカテーテルという極細の物体を差し込み、レーザーによって発生する熱を使って血管を閉塞させるものです。(カテーテルを差し込んだ状態で静脈の周囲に麻酔の注射をします)

施術に要する時間は5分程度と非常に短く、日帰りでの治療が可能です。

この方法が最初に保険適用されたのは2011年で、この時は980nmのレーザーカテーテルが採用されていました。この時点では1200℃の高温下で治療を行っており、静脈ではない部分へのダメージがありました。そのため施術後に痛みがあったり内出血したり、という点で問題視されていました。

しかし、2014年に保険適用された1470nmのレーザーカテーテルは上記の問題をクリアできており、それ以後普及が進んでいます。

 

高周波カテーテルを使った日帰り手術

高周波カテーテルもレーザーカテーテルと同様に2014年に保険適用が認められた治療方法です。カテーテルの先端温度は120℃に設定されており、レーザーよりは低温です。その分じっくりと目的部分に熱を伝えて、周辺組織にほとんどダメージを与えることなく目的部分を閉塞させます。「じっくり」という表現を使いましたが、治療にかかる時間はレーザーカテーテルと同じ程度の数分間で済みます。

レーザーと高周波の比較

レーザーカテーテルと高周波カテーテルは、血管の内側から熱をかけて目的部分を閉塞させることに違いはありません。2014年以降の治療成果について、どちらかに極端な優位性がある、というような差も指摘されていないのが現状です。 ただし詳細な部分を言えば、この二つには以下のような違いがあります。 高周波カテーテルは、120℃の温度で、6.5cmずつを20秒間かけて焼くように設定されています。つまり均一性を持って治療を行うことがその特性であると言えます。 もう一方のレーザーカテーテルは静脈の形状や太さを見ながら、じっくりと時間をかけて焼いたり、軽めに焼いたりといった調整が可能で、柔軟性が高いことが特徴です。

まとめ

下肢静脈瘤の治療方法について、特に最近主流になりつつある血管内焼灼術という方法を詳しくご紹介しました。 下肢静脈瘤は初期状態ではあまり自覚症状がありませんから、かかっていても気づいていなかったり、違和感はあっても放置されていたりする方が多いと思います。しかし悪化するとむくみなどで日常生活が辛くなりますし、見た目の悪さも気になります。また進行しているのに適切な治療を受けていないと潰瘍に発展することもありますから、自覚症状を感じたら早い段階で医療機関に相談しましょう。 検査診断を受けるにあたっては「血管外科」専門のクリニックを受診しましょう。血管外科はその名の通り血管に関連する病気を数多く取り扱っているので適切な検査診断を受けることが可能です。

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医