下肢静脈瘤の治療

浮き出た足の血管|下肢静脈瘤の治療と予防について

2018.06.29
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤とは、足(下肢)の静脈にできたコブ(瘤)という意味です。静脈のコブは血行が滞ったり逆流、蛇行したりすることでできます。
血流の滞りや逆流、蛇行はさまざまな誘因で起こりますが、直接の原因は血管の逆流を防止している静脈弁が機能不全に陥ることです。心臓から遠い足の静脈は重力に逆らって血液を心臓に送り届けなければなりません。これは心臓の拍動によって押し出される血流の力や呼吸にともなう体の動きだけでは循環するのが難しいのです。そこで、ふくらはぎの筋肉がポンプのように血流を押し出しています。ふくらはぎが“第二の心臓”と呼ばれる所以です。また足の静脈では静脈弁が発達していて、逆流を防止して正常な血液循環をサポートしています。運動不足などでふくらはぎポンプの力が弱くなったり、妊娠による胎児の重さなどによって下半身の血管が圧迫されたりすると血流が滞って淀んだりします(うっ滞といいます)。心臓からは血液が循環してきますので、足の静脈内の圧力が高まって血管を拡げます。血管が拡がると静脈弁が正常に機能しなくなるため血液が逆流したり蛇行したりしはじめ、さらに血管を圧迫してコブのような膨らみができてしまうのです。拡がって太くなったりコブができてしまうのは、足の筋肉より外側、皮膚表面の血管であるため、ボコボコと皮膚表面に浮き出て見えます。細い血管に異常が起こるとコブにならずに赤紫のクモの巣状や青い網目状に透けて見えます。血液循環が悪化しているため足にむくみやだるさを感じるなど、さまざまな症状が出ます。ふくらはぎの筋力が弱い女性にでやすく、分泌ホルモンの影響で妊娠・出産期に多く発症するともいわれています。 また、長時間の立ち仕事で疲労がたまり、ふくらはぎ筋肉が硬くなってポンプ機能が十分に働かないと血行異常を起こしやすくなり、下肢静脈瘤のリスクが高まります。

 

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤は命にかかわる病気ではありませんが、自然に治るものでもありません。血管が皮膚表面に浮いて見えるなど審美的な影響も出てきます。放置して悪化すると、皮膚にダメージが出て湿疹が出たり、さらに悪化すると潰瘍ができて穴が空いたりします。初期症状としては足のだるさやむくみを感じます。人は立って生活をするため、うっ滞や老廃物の蓄積が日中に進んでいくため、朝よりも夕方に症状が顕著になります。 おもな症状として以下のようなものがあります。

  • 足がむくむ
  • ふくらはぎがだるく、重い
  • 寝ていると足がつる
  • 足が火照ったりかゆみがある
  • 足の血管が皮膚から浮き出ている
  • 足の細い血管がクモの巣のように見える
  • 細い血管が網目状に透けて見える
  • 足に湿疹ができやすく、治りにくい
  • 足に色素沈着がある
  • 足に潰瘍ができた

足に同じような症状が出る病気に、腰の脊椎管や椎間板で足の神経が圧迫されて痛みやむくみが出る腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症などがあります。また、変形性股関節症や変形性膝関節症など関節の変形による病気などがあります。 症状が気になりだしたら専門医の診断を受けるようにしましょう。

 

タイプ別にみる下肢静脈瘤

ふくらはぎや腿に血管が浮いて見えるのが下肢静脈瘤の特徴のひとつです。どの血管に病変があるかによって、血管の見え方が異なります。以下の4つのタイプがあります。

伏在静脈瘤

伏在静脈は脚の表面近くを走る比較的太い静脈です。足の付け根からももの内側を走っている大伏在静脈と、膝の裏側からふくらはぎに走っている小伏在静脈があります。伏在静脈の本幹および主要分枝に静脈拡張が見られると、ボコボコと大きく膨らんだコブが目立ち、だるさやむくみを感じます。来院する方の大半がこのタイプの静脈瘤です。

側枝静脈瘤

伏在静脈よりさらに末梢分枝、交通枝(伏在静脈と深部静脈をつないでいる静脈)の静脈にコブができるタイプです。ふくらはぎに比較的多く見られます。

網目状静脈瘤

皮下小静脈が2、3mmの太さに拡張したもので、文字通り、網目状に広がることが多く、膝裏のくぼみによく見られます。鮮明な青色の血管であることが多いようです。

クモの巣状静脈瘤

皮内細静脈が拡張したもので、細い血管のためコブにはならず、症状もありません。血管の色が赤紫色をしているのが特徴です。

下肢静脈瘤になりやすい人

下肢静脈瘤ができやすい人をまとめてみると、以下のようになります。

  • 女性の頻度が高い
  • 年齢とともに頻度は増加する
  • 親や兄弟姉妹に罹患者がいると発症しやすい
  • 妊娠・出産でリスクが高まる。2子目以降はとくに発症リスクの頻度が高まる
  • 長時間の立ち仕事をする職種の人に多い(美容師、調理師、教師、キャビンアテンダント、パティシエなど)

まとめ

下肢静脈瘤は女性に多い病気で、血管がボコッと浮き出て見えたり、クモの巣状に透けて見えたりする点で、審美的に気になる方も多いと思います。見た目が気になってスカートがはけないという悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。 足のだるさやむくみを感じるほか、夜中にこむら返りを起こしやすくなったりします。 急激に悪化したり、動けなくなるような症状が出ることはありませんが、この病気は自然に治ることもありません。放っておけば確実に悪化します。60歳くらいが悪化のピークとなります。 悪化するとうっ滞性皮膚炎が起きて湿疹ができたり、皮膚が壊死したり潰瘍ができたりすることもあります。塗り薬などではなかなかよくならず、血管の異常を治療しないとこれらの症状も改善できません。 見た目や足のだるさが気になるようでしたら、早めに専門医を受診しましょう。超音波装置による診断は短時間で精度が高く、痛みを感じることもありません。

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医