下肢静脈瘤の基礎知識

足の血管が浮き出る【下肢静脈瘤】という病気はなぜ起こる?原因と治療法について

2018.06.20
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

足の血管が浮き上がって見える、毛細血管がやけにくっきりとして見た目がわるい、日常的に足のだるさやむくみを感じる…もしかしたら下肢静脈瘤の初期症状が現れているのかもしれません。

足「下肢」にある静脈がこぶ「瘤」のように浮き上がり皮膚表面に症状が現れる疾患です。足の浮腫みや痛み、だるさといった症状よりも見た目の悪さから医療機関にお越しいただく患者様も多くいらっしゃいます。放置したままでいても、自然治癒することはなく悪化するケースもあるので、下肢静脈瘤の症状に気付いたら専門の医療機関を受診してください。

下肢静脈瘤の症状とは

下肢静脈瘤にかかっていると以下のような症状が見られます。

 

  • 足がだるい、足が重い
  • 患部のかゆみ
  • 足がつることが増えた
  • 足の痛み
  • 足がむくむ
  • 足の血管が浮き出る

痛みやだるさは進行状況にも寄りますが、外観の現れ方にも数種類があります。1mm程度の静脈に見られる「クモの巣状静脈瘤」、2~3mmほどの静脈にできる「網目状静脈瘤」なども気になるものではありますが、最も外観にストレスを感じるのは「伏在静脈瘤」でしょう。これに掛かっていると、太い静脈がボコボコと立体的に膨れ上がる場合があります。

この病気は生命に関わるような重篤な状態になることはありませんが、見た目の悪さや、日常的なだるさ、痛みなどは本人にとって大きなストレスです。放置すれば多くの場合は時間と共に悪化する傾向があり、基本的には自然に消えてしまうことはありません(妊娠時に発症した場合は産後に自然治癒することはあります)。

症状が進めば肌の黒ずみや炎症、皮膚の硬化や湿疹などが起こりやすくなり、潰瘍を引き起こすケースもあります。正しく治療をすれば治癒できる場合が多いので、疑いがある方はできるだけ早く病院にかかることをお勧めします。

 

足の血管が浮き出る下肢静脈瘤の原因

人間の身体を流れる血液は、心臓から「動脈」を通って全身に到達します。それらが再び心臓にかえるための血管を「静脈」と言います。この静脈には血液が逆流しないための「弁」がついていますが、何らかの理由でこの機能が滞ることがあります。
血液の逆流が起こると血流が悪くなり、特に心臓から物理的に遠く、下側にある足には血液が滞留します。
静脈に対して一定量を超えた血液は血管を拡張させ、浮かび上がってくるのです。

 

 

足の血管が気になる方は血管外科へ

 

下肢静脈瘤になってしまった、と思った時は何科を診療するべきなのでしょうか? ここでお勧めしたいのは「血管外科」です。あまり聞いたことが無いという方が多いと思いますが、その名が示す通り他の科よりも血管に関する治療を得意としています。

下肢静脈瘤は血管の弁が不具合を起こすことで発生する病気ですから、血管に対してより多く知識と経験を持つ血管外科なら症状に合った適切な治療を受けることができます。

血管外科は下肢静脈瘤の他にも、胸部や腹部の動脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫など対する診断や治療を行っています。

 

 

足の血管のデコボコ、その治療法とは

治療には大きくは4つの方法がありますので、以下に記載します。

保存療法

これは根本治癒を目指すものではなく、それ以上の悪化を防ぐ方法です。比較的浅い症状の方に適用したり、他の治療法と併用したりします。具体的には、生活習慣の改善を図ること、弾性ストッキングを身につけることなどを行います。

 

硬化療法

患部に直接硬化剤を注入し、静脈自体を固めてしまうことが目的です。血管を固めて良いのか?と思われるかもしれませんが、部分的な処置では問題はなく、固まった静脈は6カ月程度で周囲の組織に吸収されます。治療時間が短いことも大きな特徴で、10分程度で終わることが多く、身体にかける影響が少ないことも大きなメリットです。

 

 

 

 

 

手術

手術を行えば高い治療効果を得ることができますが、他の方法に比べて身体的負担があることは否めません。手術の種類として「高位結紮術(こういけっさつじゅつ)」とストリッピング手術の二つがあります。

 

高位結紮術

足の根元の血管をしばる方法で、比較的以前から行われています。しかし近年は他の方法が発達してきたため、実施例は減少傾向になっています。

ストリッピング手術

切開した足の根元と、ひざの内側に細めのワイヤーを通し、それを引き抜いて悪い部分を取り除くという方法です。

血管内治療

患部にカテーテルという細い管を通し、レーザーなどを使用して血管を焼く治療です。それによって血管は硬化し、時間をかけて周囲の組織に吸収されます。局部麻酔は必要ですが、治療したその日に帰宅することが可能です。

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤は以下の6つに分けることができます。

 

これは足に存在する太い静脈に発症するもので、小伏在静脈瘤、大伏在静脈瘤の2種類があります。
だるさ、むくみなどの体感症状もありますが、皮膚の表面がボコボコと浮き上がってくるのが特徴で、症状が進行している場合は手術を行うこともあります。
小伏在静脈瘤はふくらはぎに症状が現れますが、機能不全に陥っているのは膝の裏側の静脈弁です。大伏在静脈瘤は膝の内側の血管に症状が現れます。伏在静脈瘤の多くはこの大伏在静脈瘤です。

 

 

 

上記の伏在静脈瘤から枝分かれするように発生するのが側枝静脈瘤です。伏在静脈瘤より細い血管にあらわれるので、血液量がもともと少ないことから軽症であるケースが大半です。
側枝静脈瘤が現れる部位は太もも、ひざの裏側、ふくらはぎなどです。

 

 

 


このタイプはひざの裏側付近、23mm程度の静脈に紫色か青い網目状に浮き上がるように現れます。症状としては足のだるさ、かゆみ、痛み、むくみなどが代表的です。

 

 

 

 

 

 

網目状静脈瘤と異なり、血管が赤く浮き上がって見え、できる静脈も細いので、その見た目からこの名で呼ばれています。できる場所はひざの内側、太ももの外側で、中高年の女性が多くかかるのも特徴の一つです。ピリピリとしたわずかな痛みはありますが、あまり強い症状はでません。

 

 

 

 

内股や大腿骨の内側に発生する静脈瘤です。あまり多くはない症例ですが、妊娠した際にかかることがあります。このタイプには硬化療法による治療が向いています。

 

妊娠したことを発端としてあらわれる、「足」以外にできる下肢静脈瘤です。生理の際に足が痛んだり、だるかったりするようであれば、太ももの内側、足の根元に静脈瘤ができていないか確認してみてください。

 

まとめ

静脈瘤ができる原因や、そのタイプと症状などをまとめました。場所や症状によってあざと間違えるようなこともありますが、下肢静脈瘤の疑いがあると思った時は早めに血管外科を受診しましょう。あらゆる病気に言えることですが、初期のうちに発見し治療をした方が治癒もしやすく、治療後に黒ずみが残るなども防げる可能性が高くなります。

 

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医