下肢静脈瘤の基礎知識

女性に多いスパイダースキン(クモの巣状静脈瘤)の原因と治療法

2018.06.20
当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

スパイダースキンという病気についてご存知でしょうか。
これは、足に見られる病気で、足の血管が浮かび上がって見えるものです。
正式には「下肢静脈瘤」の一種で「クモの巣状静脈瘤」と呼ばれています。
太さが1mm程度の細い血管が赤く浮かび上がり、まるでクモの巣のような見た目になることからこの名称がつきました。

 

スパイダースキン(クモの巣状静脈瘤)の症状

スパイダースキンとは?

この病気は血管がクモの巣状に見えることが大きな特徴です。特に女性の方は、スカートなど足が見えやすい服装をすることにストレスを覚える方が多くなります。

外見以外にはあまり明確な症状は無く、人によってわずかな痛みを伴うケースがありますが、この場合、悪化しやすいことが知られていますので、早めに病院で治療を受けることをお勧めします。

 

スパイダースキンの原因について

 

スパイダースキン(クモの巣状静脈瘤)は血流が悪くなって、足の静脈に血液が滞留することで発症します。

静脈とは、動脈を通って心臓から送られてきた血液が、再び心臓に戻るための血管で、通常は逆流を防ぐための弁の機能があります。この弁が何らかの影響で上手く働かなくなると、心臓より物理的に下方にある足に血液が溜まりやすくなります。それによって静脈が拡張して静脈瘤に発展します。女性の場合は妊娠した際にホルモンバランスが崩れて、上記の弁の働きが悪くなることがあります。

もっと具体的に言うと、妊娠中は出産を補助する効果を持つ「黄体ホルモン」が通常より多く分泌されます。このホルモンは血管を拡張し、血液が固まりやすくする役目を持っているため、下肢静脈瘤が起こりやすい状態ができてしまうのです。(他にもエストロゲン、プロゲステロンなどが多く分泌されます)
また、お腹の中の赤ちゃんが成長すると、胎盤が大きくなって周囲を圧迫しますから、これも血流を阻害する要因となります。このようにして妊娠をきっかけにして、下肢静脈瘤にかかってしまう人が多くみられるのです。

一般的には下肢静脈瘤は治療を行わないで自然に治癒することはありませんが、妊娠を契機として発症した場合のみは、出産後にホルモンバランスが正常化することで治癒するケースも見られます。

 

 

治療法

 

クモの巣状静脈瘤は、命に関わるような重篤な症状に発展することはありません。
しかし、時間の経過とともに外観の悪さは増していくことが一般的ですから、早い段階で治療を行うことが望ましい病気です。その治療方法には以下の種類があります。

 

レーザー血管内焼灼術

カテーテルによって細いレーザーファイバーを挿入して静脈を焼灼していきます。これにより血管内の内側が炭化し血管の通り道がふさがっていきます。

・治療時間が短く(数十分程度)、日帰りでの治療が可能

・傷口が目立たず、治癒も早い

・鎮静剤の量も少なくて身体への負担が少ない

・頻繁な通院の必要性が無く、生活上の負荷が少ない

・保険適用で、金銭面での負担も少ない

 

 

硬化療法

硬化剤を直接患部に注入し、その欠陥を硬化させます。硬化後はレーザー照射と同様に、周囲の組織に同化されます。

具体的な行為としては、薬剤を注入するのみですから、身体にかかる負担や、治療時間があまりかからないことがメリットです。

 

 

 

 

 

保存療法

保存療法には生活習慣の改善と、弾性ストッキングを用いた圧迫療法があります。
クモの巣状静脈瘤などの軽度な症状が見られた際には弾性ストッキングが使用されるケースが多くみられます。

この方法には完全な治癒を求めることはできません。現状以上に症状が進行することを防いだり、予防したりするためのものです。
これを使用する際には以下のポイントに注意しましょう。

 

弾性ストッキングを使う際の注意点
  • 立ったまま同じ姿勢でいることをできる限り避ける
  • 仕事の休憩時間に意識的に歩くようにする
  • 横になったときに足を心臓より少し高い位置に置く

 

弾性ストッキングを使う際のメリット・デメリット

メリット

  • 一足4,000円程度と、リーズナブルな治療方法
  • 切開などを伴わないので身体的負担が少ない
  • 日常の生活習慣に支障がない

デメリット

  • 完治を目指す治療ではない
  • 夏には蒸し暑く不快感がある
  • 着用していない時間は効果はない
  • サイズが限られているので、ジャストフィットしない人もいる

 

 

予防法

クモの巣状静脈瘤を予防するには以下のような方法があります。

  • 弾性ストッキングを着用する
  • 同じ姿勢でいる際に、意識して貧乏ゆすりなどをして血流を促す
  • ウォーキングや軽めのランニングを行う

※あまり激しい運動やスポーツは、血管を痛める可能性もあるので無理に行うことは避けましょう

 

 

まとめ

下肢静脈瘤の中でも、特にスパイダースキンと呼ばれるクモの巣状静脈瘤を中心に情報をまとめました。 クモの巣静脈瘤になっても、命に係わる危険な疾患というわけではありません。しかし放置するほど外観の悪さが進行しますから、できるだけ早く病院を受診しましょう。診療を受ける科は「血管外科」をお勧めします。

血管外科は主に血管に関連する病気の治療を行っています。下肢静脈瘤にかかる原因は前述したように、静脈内の弁がうまく機能しなくなることですから、専門的に診察・治療を行う血管外科への受診をお勧めします。

当メディアの監修医院

医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック -大阪市北区 梅田駅 徒歩6分- 医師 古林 圭一

医師 古林 圭一

ご予約・お問い合わせはこちら Tel.06-6232-8601

診療時間 9:00-13:00  14:00-17:00

24時間WEB予約はこちら

梅田血管外科クリニック

【経歴】
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医